家庭教師の総合情報


家庭教師関連コラム

家庭教師センターの売上ランキング
1位: トライグループ
(家庭教師のトライ)
2位: 名門会
(プロ家庭教師の名門会)
3位: タートルスタディスタッフ
(学研の家庭教師・プレステージ)

※「教材卸業」「出版業」などに分類される「教材を販売している家庭教師会社」はランキングに含まれていません。

※「家庭教師協会」「家庭教師ネットワーク」などの屋号で展開している「KATEKYOグループ」については調査が出来ませんでしたが、ランキング上位に入っている可能性があります。

上記は「個別指導塾」部門等を除いた「家庭教師」部門のみの推定売上ランキングです。信用調査機関・教育業界紙のデータやヒアリングを元にした推定ランキングです。数年前のデータですが、1位のトライが100億円程度の売り上げで、2位以下は30億円未満となっています。

「家庭教師派遣業」の市場規模は小さく、推定数百億円程度に過ぎないと言われています。塾業界が推定9500億円程度であることに比べると、いかに市場規模が小さな産業であるかが分かります。

「家庭教師派遣業」は新規参入が容易である為、小さな市場の中に沢山の家庭教師会社が存在しているのが現状です。売上が10億円を超えているのは一握りの会社に過ぎません。又、「名前」「屋号」が知られている家庭教師センターでも、売上高は1億~5億円程度の会社が殆どで、中小・零細事業所が業界の大多数を占めています。
家庭教師センターの生徒数
「家庭教師センターの売上ランキング」について記載しましたが、大手の家庭教師センターには何人位の生徒が在籍しているのでしょうか?

仮に、年間の平均客単価が60万円だと仮定して計算してみます。
(授業料の他に入会金や年会費などを含む)

家庭教師部門の売上が年間80億円ですと
・・・・・80億÷60万=生徒数13333人

家庭教師部門の売上が年間10億円ですと
・・・・・10億÷60万=生徒数1667人

家庭教師部門の売上が年間5億円ですと
・・・・・5億÷60万=生徒数833人

家庭教師部門の売上が年間3億円ですと
・・・・・3億÷60万=生徒数500人

家庭教師部門の売上が年間2億円ですと
・・・・・2億÷60万=生徒数333人

家庭教師部門の売上が年間1億円ですと
・・・・・1億÷60万=生徒数167人

となります。あくまで客単価が60万円だと仮定した場合ですが。「名前」「屋号」が知られている家庭教師センターでも、「首都圏のみ」のような地域限定型ですと売上1~3億円程度の会社が殆どですし、複数のエリアに展開している有名センターでも売上3~5億円程度の会社が殆どですので、塾大手などに比べると、いかに生徒数が少ないかが分かります。
家庭教師は「アルバイト」ではない
一般に「家庭教師アルバイト」や「家庭教師バイト」という言葉がありますが、実際には雇用(アルバイト)形態をとっている家庭教師会社はごく稀で、殆どの家庭教師会社は先生との間に「業務委託」契約を交わしています。

つまり、生徒保護者から請け負った仕事を、契約した先生に「委託」「外注」していることになります。その場合、指導している先生の立場は「個人事業主」や「外交員」に近い形となります。

指導によって得られる金銭も「アルバイト代」「給与」ではなく、「報酬」となります。「給与」ではない為、「給与所得控除」は適用されません。月々の源泉徴収が行われる下限金額も「アルバイト」と「報酬」では異なりますし、確定申告の際に税務署に提出する書類も「給与支払報告書」ではなく、「支払調書」になります。
家庭教師の二極化現象
1999年に本サイトがオープンして15年以上になりますが、その間に「家庭教師探し」が大きく変わったような気がします。インターネットの普及により、「完全サポートの業者に依頼する」か「個人の先生を探す」かの二極化現象が起きているように感じます。

大手であろうが、結果的に「紹介型の業者」はジリ貧が必至です。「紹介型の業者」とは、ただ先生を紹介するだけなのに、入会金や月々のマージンをとる業者の事です。

「紹介型の業者」の特徴としては、社員の担当者が自宅に来ない事があげられます。面談もせずに「体験授業」を売り込んだり、歩合制アルバイトのその場限りの担当者がやってくるケースもあります。担当者が来ずに、電話やメールだけで教師を探しサポートをするらしいのですが、大きな二つの疑問点が残ります。

1.生徒と会わないのに、「生徒に合う先生」をどうやって探すのであろうか?
2.実際のテスト結果などを見ずに指導方針を決められるのだろうか?

「紹介型の業者」にはサポートは全く期待できません。教師は「住所」などの条件のみで探し、指導方法は先生任せであると考えてよいでしょう。

このような業者に頼むのであれば、入会金や月々のマージンがかからない個人の先生を頼むほうが良いでしょう。ただし、個人の先生には受験情報の提供や、色々な生徒を見てきた経験が欠けている場合もあります。そのような点を危惧される方は「完全サポート」型の業者に依頼する事をお奨めします。

くれぐれも、「紹介型の業者」や「教材販売の業者」に騙されないようにご注意下さい。
個人契約サイトと法律
職業安定法第32条によると、「何人も、有料の職業紹介事業を行ってはならない。但し、厚生労働大臣の許可を得て行う場合は、この限りでない。」と、原則として、有料職業紹介事業を禁止し、厚生労働大臣の許可があるときにのみ例外として認めています。家庭教師も職業の一つであり、例外ではありません。

よって、WEB上で、家庭教師の紹介を有料で行う(家庭教師のリストを公開して、依頼者が選び、業者に料金を払う)場合は、労働大臣の許可が必ず必要です。家庭教師の有料系サイトを利用する場合は、「厚生労働大臣許可番号」が記載されている事を必ず確認しましょう。

尚、本サイトは無料で、個人の先生の生徒募集情報を掲載しています。是非ご利用下さい。

総合情報の一括資料請求の3つの特徴

point1
簡単!便利な!資料一括請求
複数社の詳しい資料を請求できます
point2
掲載会社を厳選しています!
15年以上のサイト運営で集まった口コミ
情報を元に掲載業者を厳選しています
point3
教材販売が目的の会社は不掲載!
社会問題化している
「高額教材の抱き合わせ販売」
業者を一切掲載していません
一括資料請求(無料)


 関連MENU 

家庭教師センターを探す